2010年04月30日

E5系、君の名は? 東北新幹線の新型車両、愛称選考大詰め(河北新報)

 12月に開業する東北新幹線新青森駅と東京駅を結ぶ新型車両「E5系」の愛称の選考が大詰めを迎えている。JR東日本は公募をもとに5月に決める方針で、利用者からは、E5系の導入に伴って順次廃止されるE2系の名称「はやて」の存続や、「みちのく」など東北にちなんだ名前を望む声も。果たしてJRの結論は、いかに?

 JR東日本は3月に愛称を公募し、既に締め切った。東北新幹線沿線の仙台、盛岡など各支社のトップらを交え、最終選考に入っている。応募の数や内容は明らかにしていないが、「速さなどの機能と東北の土地柄を考慮し、総合的に判断したい」(広報部)という。
 公募はしても、最も多い名称が採用されるわけではない。JR側の意向が強く働く。前例は2002年の八戸駅開業時に導入された「はやて」だ。
 応募数では19位だったが、「最高速度275キロにふさわしく、斬新」と、1位の「みちのく」や2位の「うみねこ」を抑えた。
 利用客らは、どんな名を望んでいるのか。JR仙台駅で聞いてみた。
 主な意見は表の通り。「はやて」の存続を求める声も多く、「言葉の響きがいい」「愛着がある」などが理由だった。「はやて」そのままではなく「スーパーはやて」や「はやてマックス」として残す案も。「さくらはやて」は東北人の春待つ心を表したという。
 郷土色を反映した名として挙がった「みちのく」は、かつての急行の名だ。「ねぶた」や「アップル」といった青森の象徴もあった。
 10〜20代からは「マッハ」や「烈風」など速さを感じさせる名前が挙がった。
 一方、鉄道ファンが集うインターネットサイトなどでは、八戸駅開業で姿を消した特急の名前「はつかり」の復活を願う声も強いようだ。
 JR東日本仙台支社の幹部は「定着した『はやて』を残したいという意見は社内にもあり、『スーパーはやて』なども候補にはなっている」と打ち明けた上で、「いずれ、多くの人に乗ってもらえるよう、旅心をくすぐるような愛称にしたい」と話している。

<E5系>東北新幹線に導入される新型車両。新青森駅開業後の2011年3月以降に順次、投入される予定。空気抵抗を減らし長く突き出た先頭部分が特徴。最高時速は320キロで、12年度末には東京―新青森間を3時間5分で結ぶことを目指している。


「長距離走者の孤独」アラン・シリトー氏死去(読売新聞)
就活自己PR動画が流出=健康食品通販「やずや」(時事通信)
海軍ヘリ異常接近、岡田外相が中国対応を批判(読売新聞)
国内移動、14年連続低下=景気低迷で−総務省(時事通信)
元マラソン選手の松野明美さん、熊本市議に(読売新聞)
posted by ハタナカ コウイチ at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

血友病、その現状と課題(医療介護CBニュース)

 毎年4月17日は「世界血友病デー」―。主に男性が発症し、血液が凝固するために必要な凝固因子というたんぱく質が十分に産生できない疾患である血友病。血液凝固第因子が欠乏している血友病A、第因子が欠乏している血友病Bの患者を合わせて、国内には現在、約5000人の患者がいるとみられている。「薬害エイズ問題」など、極めて大きな社会的問題も抱えてきた「血友病」の現状と課題を探った。

■遺伝子組み換え製剤の登場
 血友病治療薬は、非加熱性の血液製剤による「薬害エイズ問題」を踏まえ、ウイルスを殺すための加熱処理を施すなどの「進化」が続いてきた。しかし、血液由来である以上、理論的には感染のリスクがゼロになることはなく、今後どのようなウイルス感染が世の中にまん延するかも不透明という状況がある。
 こうした血液由来の感染性を排除するために登場したのが、遺伝子組み換え製剤だった。血友病Aの治療に用いる遺伝子組み換え型第因子製剤は1993年に発売された。また、今年1月にはワイスが血友病B治療薬「ベネフィクス」を発売。同社のヘモフィリア事業部の神野浩一氏(マーケティング部長)と地宗秀樹氏(プロダクトマネージャー)によると、「理論的にはウイルス感染のリスクがゼロのため、極めて安全性が高い」という。
 血友病Aの領域では安全性の高さが評価され、遺伝子組み換え製剤が7割を超える程度のシェアを獲得しており、「恐らく血友病Bの領域も同じようなトレンドを示していくのではないか」と2人は指摘する。

■治療は「定期補充療法」にパラダイムシフト
 では、血友病をめぐる医療の現状はどうなっているのだろうか―。血友病の治療では、体内に欠乏している凝固因子を注射により補充する。ワイスのメディアセミナーで講演した東京医科大臨床検査医学講座の福武勝幸主任教授によると、以前は出血した際に注射をする「出血時補充療法」が行われていたが、関節が出血によって腫れを繰り返すことで、血友病性関節症と呼ばれる激しい骨の変化による運動障害が出現するなどの問題があった。
 このため現在では、欠乏している凝固因子を定期的に補充する「定期補充療法」により健常者に近い状態を保つことで、頭蓋内出血などの重篤な出血や関節症を防ぎ、QOLを改善する治療が広まりつつあるという。 血友病の医療提供体制という観点から見ると、「専門医自体が不足しつつある」と福武氏は指摘する。血友病の領域では「薬害エイズ問題」を受けて、この領域を専門とする医療従事者が増えず、限られた医療従事者が治療に携わってきたが、その従事者らが高齢になり退職していく一方で、後を受け継ぐ人がほとんどいないという。こうした専門医の不足により、長期診療や包括医療が困難になっていると福武氏は指摘する。
 
■成果が期待される患者・家族の全国集会
 今年の世界血友病デーでは、全国的な患者・家族の集会「全国ヘモフィリアフォーラム」が開催される。
 血友病患者らはこれまで、全国的な患者会がないという大きな問題を抱えてきた。全国ヘモフィリアフォーラム実行委員会によると、「薬害エイズ問題」が患者と家族に身体的・精神的な打撃を与えたことで、各地に存在していた血友病患者会の相当部分が活動の停滞や休止に追い込まれ、全国的な血友病患者会も事実上消滅した。ようやく実現する全国規模の患者・家族の集会―。その成果が期待されている。


【関連記事】
世界製薬大手12社が増収
厚労省は薬害肝炎を「検証」できるのか(上)
薬害エイズは官僚組織で起きた
「子宮頸がん予防ワクチン」接種しますか、しませんか。
患者参加で「患者本位の医療」を実現する

<雑記帳>「チーム青森」の近江谷選手が市営バスの車内放送(毎日新聞)
改正道交法 70歳以上の死亡事故割合、10年で倍増(毎日新聞)
夫、刺され重傷「別れ話で…」 妻は車に飛び込み重体(産経新聞)
阿久根市長ブログに裁判官月給一覧…判決に反発(読売新聞)
<幸田町議汚職>贈賄側の売却益7億円 愛知県警(毎日新聞)
posted by ハタナカ コウイチ at 12:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

大阪市交通局、バスでも問題多発…大半未公表(読売新聞)

 大阪市営地下鉄でミスが続発している市交通局は7日、市バスで2007年度からの3年間に人身事故やトラブルが48件あり、国土交通省近畿運輸局に報告していたことを明らかにした。

 うち45件については「明確な基準がなかった」として公表していなかった。こうした隠ぺい体質が職員の安全意識の低さにつながった面も否定できず、市交通局は「今後は公表することによって乗務員の安全意識を高めていきたい」として公表基準を定める考えを示した。

 48件の内訳は▽07年度13件▽08年度9件▽09年度26件。

 このうち車内外の人身事故は19件。バスが交差点を右折しようとした際に横断中の86歳男性と接触し、男性が骨折したケースや、停留所からバスが発進した際にまだ座っていなかった77歳の乗客女性が転倒し、骨折した事故など、運転手の不注意が事故の一因とみられるものもあった。

 また、営業運転中にバスのタイヤがパンクしたり、ラジエーターから冷却水が漏れてオーバーヒートしたりしたトラブルも29件あった。

 しかし、同局が公表していたのは、08年7月に都島区内でバスの入り口の扉を半開きにしたまま、停留所から20〜30メートル運行したミスと、市バス料金の過徴収ミスの2件だけだった。

 同局は、07年度から3年間に市営地下鉄で起きた127件のトラブルについて国交省に報告していたが、うち54件は「重大事故の恐れはない」として公表していなかった。

平沼新党の党名は「たちあがれ日本」(産経新聞)
改憲・消費税上げが柱 新党、保守層掘り起こし(産経新聞)
マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会(医療介護CBニュース)
山崎さん、補給コンテナ設置成功(産経新聞)
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」(産経新聞)
posted by ハタナカ コウイチ at 02:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。