2010年04月30日

E5系、君の名は? 東北新幹線の新型車両、愛称選考大詰め(河北新報)

 12月に開業する東北新幹線新青森駅と東京駅を結ぶ新型車両「E5系」の愛称の選考が大詰めを迎えている。JR東日本は公募をもとに5月に決める方針で、利用者からは、E5系の導入に伴って順次廃止されるE2系の名称「はやて」の存続や、「みちのく」など東北にちなんだ名前を望む声も。果たしてJRの結論は、いかに?

 JR東日本は3月に愛称を公募し、既に締め切った。東北新幹線沿線の仙台、盛岡など各支社のトップらを交え、最終選考に入っている。応募の数や内容は明らかにしていないが、「速さなどの機能と東北の土地柄を考慮し、総合的に判断したい」(広報部)という。
 公募はしても、最も多い名称が採用されるわけではない。JR側の意向が強く働く。前例は2002年の八戸駅開業時に導入された「はやて」だ。
 応募数では19位だったが、「最高速度275キロにふさわしく、斬新」と、1位の「みちのく」や2位の「うみねこ」を抑えた。
 利用客らは、どんな名を望んでいるのか。JR仙台駅で聞いてみた。
 主な意見は表の通り。「はやて」の存続を求める声も多く、「言葉の響きがいい」「愛着がある」などが理由だった。「はやて」そのままではなく「スーパーはやて」や「はやてマックス」として残す案も。「さくらはやて」は東北人の春待つ心を表したという。
 郷土色を反映した名として挙がった「みちのく」は、かつての急行の名だ。「ねぶた」や「アップル」といった青森の象徴もあった。
 10〜20代からは「マッハ」や「烈風」など速さを感じさせる名前が挙がった。
 一方、鉄道ファンが集うインターネットサイトなどでは、八戸駅開業で姿を消した特急の名前「はつかり」の復活を願う声も強いようだ。
 JR東日本仙台支社の幹部は「定着した『はやて』を残したいという意見は社内にもあり、『スーパーはやて』なども候補にはなっている」と打ち明けた上で、「いずれ、多くの人に乗ってもらえるよう、旅心をくすぐるような愛称にしたい」と話している。

<E5系>東北新幹線に導入される新型車両。新青森駅開業後の2011年3月以降に順次、投入される予定。空気抵抗を減らし長く突き出た先頭部分が特徴。最高時速は320キロで、12年度末には東京―新青森間を3時間5分で結ぶことを目指している。


「長距離走者の孤独」アラン・シリトー氏死去(読売新聞)
就活自己PR動画が流出=健康食品通販「やずや」(時事通信)
海軍ヘリ異常接近、岡田外相が中国対応を批判(読売新聞)
国内移動、14年連続低下=景気低迷で−総務省(時事通信)
元マラソン選手の松野明美さん、熊本市議に(読売新聞)
posted by ハタナカ コウイチ at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。