2010年04月14日

大阪市交通局、バスでも問題多発…大半未公表(読売新聞)

 大阪市営地下鉄でミスが続発している市交通局は7日、市バスで2007年度からの3年間に人身事故やトラブルが48件あり、国土交通省近畿運輸局に報告していたことを明らかにした。

 うち45件については「明確な基準がなかった」として公表していなかった。こうした隠ぺい体質が職員の安全意識の低さにつながった面も否定できず、市交通局は「今後は公表することによって乗務員の安全意識を高めていきたい」として公表基準を定める考えを示した。

 48件の内訳は▽07年度13件▽08年度9件▽09年度26件。

 このうち車内外の人身事故は19件。バスが交差点を右折しようとした際に横断中の86歳男性と接触し、男性が骨折したケースや、停留所からバスが発進した際にまだ座っていなかった77歳の乗客女性が転倒し、骨折した事故など、運転手の不注意が事故の一因とみられるものもあった。

 また、営業運転中にバスのタイヤがパンクしたり、ラジエーターから冷却水が漏れてオーバーヒートしたりしたトラブルも29件あった。

 しかし、同局が公表していたのは、08年7月に都島区内でバスの入り口の扉を半開きにしたまま、停留所から20〜30メートル運行したミスと、市バス料金の過徴収ミスの2件だけだった。

 同局は、07年度から3年間に市営地下鉄で起きた127件のトラブルについて国交省に報告していたが、うち54件は「重大事故の恐れはない」として公表していなかった。

平沼新党の党名は「たちあがれ日本」(産経新聞)
改憲・消費税上げが柱 新党、保守層掘り起こし(産経新聞)
マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会(医療介護CBニュース)
山崎さん、補給コンテナ設置成功(産経新聞)
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」(産経新聞)
posted by ハタナカ コウイチ at 02:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

北アルプス 「乗鞍スカイライン」除雪作業始まる(毎日新聞)

 北アルプス乗鞍岳(3026メートル)を走る「乗鞍スカイライン」(14.4キロ)=岐阜県高山市丹生川町=の除雪作業が7日、スカイライン起点の平湯峠へ通じる取り付け道路・乗鞍公園線(2.5キロ)で始まった。

 3月末に降った雪の影響もあり、除雪地点の積雪は昨年より約20センチ深い約40センチ。みぞれ交じりの雨と霧の中、午前9時から、県高山土木事務所のロータリー車と除雪ドーザー各1台が厚い雪の壁を切り崩して前進。周囲の山々に響くエンジン音が、雪に埋もれた道路や木々を冬の眠りから目覚めさせた。

 全線開通は5月15日の予定。同スカイラインは、マイカーの乗り入れを規制している。【宮田正和】

【関連ニュース】
乗鞍のクマ襲撃:報告会と対策会議 体制整備や訓練提言−−高山 /岐阜

<自民>参院選岩手で県議を公認(毎日新聞)
国分寺の路上に遺体 殺害容疑で6人再逮捕(産経新聞)
両陛下、須崎入り(時事通信)
出雲のヒシクイ、中国東北部へ=新亜種の可能性高まる−山階研究所(時事通信)
<結核>6陸自駐屯地で陽性84人 昨年9月以降集団感染(毎日新聞)
posted by ハタナカ コウイチ at 19:45| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

医療の規制改革、方向性を6月までに提示(医療介護CBニュース)

 政府の行政刷新会議の下に設置した規制・制度改革に関する分科会(分科会長=大塚耕平・内閣府副大臣)は4月5日、「ライフイノベーションWG(ワーキンググループ)」の初会合を開催した。同WGでは、医療分野の規制改革に関する検討項目について5月に結論を取りまとめ、同分科会に報告する予定。同WGで主査を務める田村謙治・内閣府大臣政務官は冒頭のあいさつで、「6月までにある程度の一定の方向性を付けるのが1つの大きな区切り」と述べた。

 同WGの委員は、医療の専門家やジャーナリスト、有識者など11人で構成。
 初会合では事務局が、▽保険外併用療養(いわゆる混合診療)の原則解禁▽一般用医薬品のインターネット等販売規制の緩和▽医行為の範囲の明確化-など13項目の検討テーマを示し、これについて意見交換した。

 WG終了後、田村主査は記者団に対し、「かなり多くの委員から、政府としての医療政策全体の思想やグランドデザインが最初にあって、それを基に個別の項目についてどこまで実際に進めていくのか考えるべきだとの意見が出た」と述べた。その上で、どのような視点から医療分野の規制改革に取り組むかについて、委員の意見を踏まえた議論のたたき台を次回のWGで提示する考えを示した。
 さらに、医療政策の全体像などについては「民主党のマニフェストに連動するとの考え方もある」と述べ、マニフェスト作成に携わる委員会などと連携するほか、国家戦略室と相談する必要性も指摘した。

 事務局は、関係省庁に対して検討テーマの現状や今後の対応方針などを4月9日までに回答するよう依頼している。WGではその回答を踏まえて議論し、意見を取りまとめる方針だ。
 次回会合は来週中旬に開かれる予定。



【関連記事】
良い方向の分野、「医療・福祉」が増加−内閣府世論調査
医薬品ネット販売規制は「合憲」
混合診療全面解禁「慎重な議論が必要」−長妻厚労相
「消費者、患者の観点で規制見直しを」−行政刷新会議分科会が初会合
規制・制度改革分科会に「驚きを禁じえない」−日医が見解

「復活の成否は不撓不屈の一心」日航入社式(読売新聞)
富士通 野副元社長、損害賠償提訴へ 取締役数人相手に(毎日新聞)
郵貯「肥大化しない」=預入限度額引き上げ−鳩山首相(時事通信)
2月税収4.3%減=マイナス幅は縮小傾向−財務省(時事通信)
仙谷戦略相が予算酷評「戦争末期の軍事費」(読売新聞)
posted by ハタナカ コウイチ at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。